2014年2月23日日曜日

栽培用養液の供給手順等



我が家の西側の配管が2回路完成し、残るは1回路となりました。養液タンクの継手が出番を待っています。

休止中の継手には黒色ポリエチレンパイプを5cm程に切った物の片方の先にシール剤を注入し固めたものをキャップ代わりに使用しています。
これを使えば他の管路に影響なくパイプや水位調整器の点検清掃が容易に行えますので、4個ほど作られたら良いと思います。

尚、私の推奨している4mmポリエチレンパイプ(アマゾン・マイストア参照)は適度に柔らかくてホームセンターで手に入るTAKAGI製より使いやすいのですが、継手に何度も着脱を繰り返すと保持力が低下して水漏れする様になります。
先端が膨らんで来たら5mm程度先をカットした方が良い様です。


現在我が家のベランダには養液タンクが2台あります。

1台は写真の西側栽培槽に供給用でもう1台は水平パイププランターのタンクに供給しています。

水平パイプのタンクへ供給するタンクは手動ストップバルブ付きで今は調合タンク兼用となっています。このタンクに水道水を40L貯め1昼夜爆気して塩素を抜く(あるいは風呂の残り湯を入れる)
そして大塚肥料を定量混ぜます。
調合された養液をふろ用ポンプでポールプランタタンクや、西側給水用タンクに分配しています。

今年はベランダ横の庭に浮き根プランターを増設する予定の為、専用タンクを1台増設必要になります。